ウォーターサーバーのメリットとデメリット

ウォーターサーバーのメリット

ウォーターサーバーのメリットですが、まずは何と言っても美味しいお水がいつでも飲めるということです。
もちろん、お水の好みというのは人によって様々ですが、様々なウォーターサーバー会社がありミネラルウォーターやRO水などが選べますし、その中から硬度など好みのものを選べるのです。
また、ウォーターサーバーは基本的に冷たい水とお湯がすぐに使えるので、水を飲む時はもちろんですがお茶やコーヒーなどを淹れる時にも重宝します。
ウォーターサーバーは大きなボトルを設置するというのが基本になり、定期的に配達されるのでペットボトルを自前で用意するよりも手間がかかりませんし設置場所さえ確保出来れば保管場所もいらないのです。

ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーのデメリットは、まずは費用面が挙げられるでしょう。
どうしてもスーパーなどで売られているペットボトルの水などと比べると配達なども行ってくれる分高価になりやすいですし、冷たい水や温かいお湯を出すためには当然電気が必要なので電気代も必要です。
最低契約期間が定められているケースもあり、その期間をすぎる前に解約してしまうと違約金という形で費用がかかってしまうこともあります。
また、ウォーターサーバーのボトルをかなり大容量のものもあります。
最近では交換しやすいタイプのウォーターサーバーも増えてきていますが、そうでない場合や女性やお年寄りなどの場合はボトルの交換に苦労することもあるでしょう。

宅配水を購入することで、店で購入し、自分で自宅まで運ぶという労力を省くことができます。特に、自家用車といった運搬方法がない場合に便利です。

© Copyright Initiative Promoting Water. All Rights Reserved.