ウォーターサーバーの使用方法と注意点

何か違うの?ウォーターサーバーの違いとは?

キンキンに冷えた水、暖かい水がすぐに出る便利な機械、それがウォーターサーバー。家電量販店での店頭デモなども多く、ウォーターサーバー導入を検討している人も多くなっています。

しかし、ウォーターサーバーなんて似たり寄ったりで、どのメーカーも同じものだと思っていませんか?確かに機能面では殆ど変わりありません。それじゃ、味?水も天然水と不純物を除去したRO水を採用する2つに大別できますが、やはり、各メーカーで大差はありません。源泉やブランドに大きなこだわりがある場合は重要な要因で、そこを一番に重視する必要があります。しかし、ウォーターサーバーを選ぶ際にはもっと重視すべき点があります。それは料金プランがどうなっているかという点です。

スタイルに合った料金プランのサーバーを選ばないと大きく損をするかもしれません。

プランは大きく2タイプ!使用料での比較が重要!

料金プランはノルマ達成型と有料レンタル型の2つに分けられます。

ノルマ達成型の特徴は、1~3か月にボトルを何本以上購入しないとウォーターサーバのレンタル料やメンテナンス料が有料になるといったものです。一見、ノルマがあるので不条理に見えますが。1月あたり20~30リットルがノルマです。従業員が多い会社や料理に水道水を使う家庭は特に意識することなくノルマを達成できます。有料レンタル型はノルマがない代わりに月々の使用料やメンテナンス料を徴収されます。オフィスには人があまりいない、一人暮らしと言った方はこちらのプランが向いていますね。

ウォーターサーバーごとに料金プランが異なることが殆ど、サーバーを選んだ後に料金プランを選ぶということは稀です。1サーバー1プランというのが現状です。設置ヵ所のウォーターサーバー使用頻度に合わせたプランを選ぶことで、無駄なお金を支払わなくて済みますね!

サーバーをレンタルすれば、水宅配してもらえ、おいしい水をいつでもご自宅で飲むことができます。特に、体を気づかう方には便利なシステムです。

© Copyright Initiative Promoting Water. All Rights Reserved.