ウォーターサーバーの費用

実際にどのくらいかかるの?

ウォーターサーバー導入にかかる費用には次のようなものがあります。設置費用や事務手数料、サーバーを使用するレンタル料金や購入料金、水道料金、電気料金、メンテナンス料金、ボトルの配送料金があります。設置費用や事務手数料などの初期費用やメンテナンス料金、ボトルの配送料金はメーカーが無料でしてくれるところもあります。最近の傾向として初期費用やサーバーのレンタル料金は無料のメーカーのものが増えてきてます。水道料金は夏冬など季節により使用量が異なってきますが、一人あたり約12リットルとなります。1リットルあたりの100円前後となります。一人あたりの一ヶ月の水道代金は1200円となります。料理用に使用すると約1.5倍~2倍かかります。電気料金は月額1,000円前後となります。省エネ型では電気料金が月額350円程度のものが登場しています。

解約した場合はどうなるの?

ウォーターサーバーを契約して途中で解約した場合に気になるのが解約料金です。メーカーや申込みプランによって料金は異なりますが、5,000~10,000円くらいかかります。キャンセル料が無料のメーカーもあるので、申込みの際には契約条件をよく確認することが必要です。キャンセル料は無料の場合、ウォーターサーバーをメーカーに返却する送料は自己負担となる場合が多いです。解約料金はウォーターサーバーを利用した年数によって違ってきます。3年以上の継続利用した場合には解約料金はかかりません。メーカーによっては2年以上で解約料金がかからないところもあります。ほとんどのメーカーでは1年以内の解約では料金が発生します。5,000~10,000円程度かかると覚悟してください。

水のサーバーとは専用のボトルをセットすると新鮮で衛生的な水をいつでも飲むことができる給水・給湯機のことです。

© Copyright Initiative Promoting Water. All Rights Reserved.