ウォーターサーバーの種類について

冷水だけでなく温水が出る

オフィスや家庭で気軽に設置できるウォーターサーバーには業者によっていろいろなタイプがあります。例えば、冷水だけでなく温水が出るものがあり人気です。温水がでると、水をたくさん使ったお料理をする時や、コーヒーやお茶を入れるときに非常に便利です。ウォーターサーバーの蛇口からいつでも美味しい温水がでるので、いちいちお湯を沸かす必要がないので時間を節約できます。ただ、簡単にちょっと蛇口をひねるだけで好きな時に温水が出せるので、冷水と思い込んで使うとトラブルが起きてしまうリスクがあるので、しっかり温水であることを確認してから使うように注意が必要です。また、電気代のコストは多くかからないので常にスイッチをつけたままでも安心です。

ロック機能があるタイプ

ウォーターサーバーの種類によっては、スイッチを何度も切らないほうがいいものがあります。もしスイッチを頻繁に切ってしまうと、清潔な水質を維持することが難しくなって、新鮮な美味しい水を出せなくなってしまう可能性があるので注意するべきです。また、小さいお子さんの安全を守るために、簡単に水がでないようにするロック機能があるタイプがあるので安心です。やはり、子供が誤って蛇口をひねって水が出てくると危ないので、子供がいる家庭はできるだけロック機能があるタイプを選ぶべきです。また、ペットや小さな子供が結婚相談所にぶら下がって倒れると危ないので、なるべく、ペットや子供の手が届かないところにウォーターサーバーをセッティングすることが肝心です。

ウォーターサーバーを赤ちゃんのミルクづくりに上手に活用しましょう。コックをひねるだけで安心できる美味しいお湯が出てくるものもあるので、すぐにミルクが作れて手間いらずです。

© Copyright Initiative Promoting Water. All Rights Reserved.